10月16日 源氏物語 澪標

<原文>
 下りゐなむの御心づかひ近くなりぬるにも、 尚侍、心細げに世を思ひ嘆きたまへる、いとあはれにおぼされけり。「大臣亡せたまひ、大宮もたのもしげなくのみあついたまへるに、わが世残り少なき心地するになむ、いといとほしう、名残なきさまにてとまりたまはむとすらむ。昔より、人には思ひおとしたまへれど、みづからの心ざしのまたなきならひに、ただ御ことのみなむ、あはれにおぼえける。立ちまさる人、また御本意ありて見たまふとも、おろかならぬ心ざしはしも、なずらはざらむと思ふさへこそ、心苦しけれ」とて、うち泣きたまふ。女君、顔はいとあかくにほひて、こぼるばかりの愛敬にて、涙もこぼれぬるを、 よろづの罪忘れて、あはれにらうたしと御覧ぜらる。「などか、御子をだに持たまへるまじき。くちをしうもあるかな。契り深き人のためには、今見出でたまひてむと思ふもくちをしや。限りあれば、ただ人にてぞ見たまはむかし」など、行く末のことをさへのたまはするに、 いとはづかしうも悲しうもおぼえたまふ。御容貌など、なまめかしうきよらにて、限りなき御心ざしの年月に添ふやうにもてなさせたまふに、めでたき人なれど、さしも思ひたまへらざりしけしき、心ばへなど、もの思ひ知られたまふままに、などて、わが心の若くいはけなきにまかせて、さる騷ぎをさへ引き出でて、わが名をばさらにもいはず、人の御ためさへ、などおぼし出づるに、いと憂き御身なり。

<現代語訳>
 (朱雀帝は)ご退位なさろうとのご決心が近づくにつけても、尚侍が、頼りなさげに身の上を嘆きなさるのを、大変不憫にお思いなさった。「大臣はお亡くなりになり、大宮も頼りなくご病気も篤くいらっしゃるのに、私の命も残り少ない心地がし、大変気の毒に、これまでとは打って変わった境遇でこの世にとどまりなさるのでしょう。昔から、かの人より軽くみていらっしゃったけれど、私の愛情はこの上なく深いものだと思ってきたならいで、ただあなたのことだけが、いとしく思われます。私よりもすぐれた方と、またあなたのお望み通り契りを結ぼうとも、並々ならぬ愛情だけは、及ぶものはないだろうと思うことさえ、つらく切ないのです」と、お泣きになる。女君の顔は紅く染まり、溢れんばかりのかわいらしさで、涙もこぼれるのを、(朱雀帝は)全ての罪を忘れ、しみじみと愛らしいとご覧になる。「なぜ、皇子だけでも生んでくださらなかったのか。残念なことだ。前世からの因縁の深い人のためには、きっとすぐに子を授かりなさると思うのも堪らない。身分は越えられないので、臣下としてお育てなさるのですね。」などと、行く末のことまでおっしゃるので、きまりが悪く、また悲しくお思いになる。(朱雀帝の)容貌は、優美で清らかで美しく、限りない愛情が年月とともに深まるように大切にされるので、(源氏は)素晴らしく立派な方だけれど、これほど深く愛してはくださらなかった様子や、お気持ちなど、物事が分かるようになるにつれて、どうして、私の心の幼さにまかせて、あのような騒ぎまで引き起こし、私の名は言うに及ばず、あの方まで、などと思い出しなさるにつけても、たいへんつらい身の上である。

<語彙>
下りゐる…(地位を)退く、退位する

<注釈>
尚侍(ないしのかみ)…朧月夜
大臣…朧月夜の父である太政大臣(もと右大臣)
大宮…弘徽殿太后
名残なきさま…後見のいない境遇
人…源氏
女君…朧月夜
契り深き人…源氏

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 澪標 現代語訳

9月18日 DR.VAPE

健康面の不安が払拭されたため購入しました。

image1.jpeg

Tag : DRVAPE 電子タバコ

8月12日 THE WALL STREET JOURNAL

8月からTHE WALL STREET JOURNALの紙媒体とデジタル版の
購読を申し込みました。お試し期間3ヶ月で税抜き1,200円。

内容は特に経済系が充実しており文章も読みやすくて満足しているものの、
地方へはゆうメールで数日遅れの配達になるという点がやはりネック。

ちなみに2018年8月現在の購読料金は以下の通りです。

4ヶ月目~12ヶ月目:税抜き5,000/月
2年目以降:税抜き10,000円/月


現住所が九州のため、酷い時は4日分まとめて配達されるようなこともあり、
購読料と配達の遅れから継続はしないことにしました。

image1d.jpg

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 英字新聞 ウォールストリートジャーナル Wall Street Journal

2月23日 源氏物語 桐壺

<原文>
「むなしき御骸を見る見る、なほおはするものと思ふが、いとかひなければ、灰になりたまはむを見たてまつりて、今は亡き人と、ひたぶるに思ひなりなむ」と、さかしうのたまひつれど、車よりも落ちぬべうまろびたまへば、さは思ひつかしと、人びともてわづらひきこゆ。 内裏より御使あり。三位の位贈りたまふよし、勅使来て、その宣命読むなむ、悲しきことなりける。女御とだにいはせずなりぬるが、あかずくちをしうおぼさるれば、いま一階の位をだにと、贈らせたまふなりけり。これにつけても憎みたまふ人々多かり。もの思ひ知りたまふは、様、容貌などのめでたかりしこと、心ばせのなだらかにめやすく、憎みがたかりしことなど、今ぞおぼしいづる。さまあしき御もてなしゆゑこそ、すげなう嫉みたまひしか、人がらのあはれに情ありし御心を、上の女房なども恋ひしのびあへり。「なくてぞ」とは、かかるをりにやと見えたり。

<現代語訳>
「(更衣の母は)亡骸を見ながらも、やはりまだいらっしゃるものと思うが、甲斐もないので、灰になるのを見て、今は亡き人と、一途に思いましょう」と、しっかり仰ったけれど、車から転び落ちそうになられるので、そうだと思ったと、人々も難儀する。宮中より使いがある。三位の位をお贈りになる由、勅使が来て、宣命を読むのも、悲しいことであった。(帝は)女御とさえ呼ばせぬままになってしまったのが、心残りで残念に思われるので、一つ上の位だけでもと、お贈りなさったのであった。このことにつけても、お憎みになる人々が多い。世の情理をわきまえた方は、容姿、顔立ちなどのすばらしかったこと、気立てが穏やかでかどが立たず、憎めなかったことなどを、今になって思い出される。(帝の)見苦しいまでのご寵愛ゆえに、そっけなく妬んでいらっしゃったが、(桐壺更衣の)いとしく思いやりのある人柄を、帝づきの女房なども懐かしくお思いになった。「亡くなってしまってから」とは、こういうことであろうかと思われた。

<注釈>
「なくてぞ」…『源氏釈』は以下の和歌をあげる。「あるときはありのすさびに憎かりきなくてぞ人は恋しかりける」(出所不詳)

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

11月26日 源氏物語 桐壺

<原文>
 御子は、かくてもいと御覧ぜまほしけれど、かかるほどにさぶらひたまふ、例なきことなれば、まかでたまひなむとす。何事かあらむとも思したらず、さぶらふ人々の泣きまどひ、上も御涙のひまなく流れおはしますを、あやしと見たてまつりたまへるを、よろしきことにだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、ましてあはれにいふかひなし。
 限りあれば、例の作法にをさめたてまつるを、母北の方、同じ煙にのぼりなむと、泣きこがれたまひて、御送りの女房の車にしたひ乗りたまひて、愛宕といふ所にいといかめしうその作法したるに、おはし着きたる心地、いかばかりかはありけむ。


<現代語訳>
 御子は、喪中でも(帝は)たいへんご覧になりたいけれど、こうした時に宮中にお仕えなさるのは、例のないことなので、退出しようとなさる。何事かお分かりにならず、お仕えなさっている人々がたいそう泣いて、帝も絶え間なく涙を流されるのを、不思議そうに見ていらっしゃる、普通の場合でさえ、このような別れを悲しまぬことはないのに、ましてその悲しさは言うべき言葉もない。
 (亡骸をこのままにしておくにも)限りがあるので、通例の作法にて(棺に)お納め申し上げるが、母北の方は、同じ煙になって空へ上りたいと、泣き焦がれなさって、お送りの女房の車に後からお乗りになり、愛宕というたいそう厳かに葬儀を行っている所に、行き着きなさった時のお気持ちは、どのようなものであったであろうか。

<注釈>
御子…光源氏
例なきこと…延喜七年(九〇七年)以降、七歳以下の子供は親の喪に服すに及ばないこととなったため、この物語の時代は九〇七年以前ということになる
例の作法…火葬
母北の方…桐壺更衣の母

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳