10月16日 源氏物語 澪標

<原文>
 下りゐなむの御心づかひ近くなりぬるにも、 尚侍、心細げに世を思ひ嘆きたまへる、いとあはれにおぼされけり。「大臣亡せたまひ、大宮もたのもしげなくのみあついたまへるに、わが世残り少なき心地するになむ、いといとほしう、名残なきさまにてとまりたまはむとすらむ。昔より、人には思ひおとしたまへれど、みづからの心ざしのまたなきならひに、ただ御ことのみなむ、あはれにおぼえける。立ちまさる人、また御本意ありて見たまふとも、おろかならぬ心ざしはしも、なずらはざらむと思ふさへこそ、心苦しけれ」とて、うち泣きたまふ。女君、顔はいとあかくにほひて、こぼるばかりの愛敬にて、涙もこぼれぬるを、 よろづの罪忘れて、あはれにらうたしと御覧ぜらる。「などか、御子をだに持たまへるまじき。くちをしうもあるかな。契り深き人のためには、今見出でたまひてむと思ふもくちをしや。限りあれば、ただ人にてぞ見たまはむかし」など、行く末のことをさへのたまはするに、 いとはづかしうも悲しうもおぼえたまふ。御容貌など、なまめかしうきよらにて、限りなき御心ざしの年月に添ふやうにもてなさせたまふに、めでたき人なれど、さしも思ひたまへらざりしけしき、心ばへなど、もの思ひ知られたまふままに、などて、わが心の若くいはけなきにまかせて、さる騷ぎをさへ引き出でて、わが名をばさらにもいはず、人の御ためさへ、などおぼし出づるに、いと憂き御身なり。

<現代語訳>
 (朱雀帝は)ご退位なさろうとのご決心が近づくにつけても、尚侍が、頼りなさげに身の上を嘆きなさるのを、大変不憫にお思いなさった。「大臣はお亡くなりになり、大宮も頼りなくご病気も篤くいらっしゃるのに、私の命も残り少ない心地がし、大変気の毒に、これまでとは打って変わった境遇でこの世にとどまりなさるのでしょう。昔から、かの人より軽くみていらっしゃったけれど、私の愛情はこの上なく深いものだと思ってきたならいで、ただあなたのことだけが、いとしく思われます。私よりもすぐれた方と、またあなたのお望み通り契りを結ぼうとも、並々ならぬ愛情だけは、及ぶものはないだろうと思うことさえ、つらく切ないのです」と、お泣きになる。女君の顔は紅く染まり、溢れんばかりのかわいらしさで、涙もこぼれるのを、(朱雀帝は)全ての罪を忘れ、しみじみと愛らしいとご覧になる。「なぜ、皇子だけでも生んでくださらなかったのか。残念なことだ。前世からの因縁の深い人のためには、きっとすぐに子を授かりなさると思うのも堪らない。身分は越えられないので、臣下としてお育てなさるのですね。」などと、行く末のことまでおっしゃるので、きまりが悪く、また悲しくお思いになる。(朱雀帝の)容貌は、優美で清らかで美しく、限りない愛情が年月とともに深まるように大切にされるので、(源氏は)素晴らしく立派な方だけれど、これほど深く愛してはくださらなかった様子や、お気持ちなど、物事が分かるようになるにつれて、どうして、私の心の幼さにまかせて、あのような騒ぎまで引き起こし、私の名は言うに及ばず、あの方まで、などと思い出しなさるにつけても、たいへんつらい身の上である。

<語彙>
下りゐる…(地位を)退く、退位する

<注釈>
尚侍(ないしのかみ)…朧月夜
大臣…朧月夜の父である太政大臣(もと右大臣)
大宮…弘徽殿太后
名残なきさま…後見のいない境遇
人…源氏
女君…朧月夜
契り深き人…源氏

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 澪標 現代語訳

2月23日 源氏物語 桐壺

<原文>
「むなしき御骸を見る見る、なほおはするものと思ふが、いとかひなければ、灰になりたまはむを見たてまつりて、今は亡き人と、ひたぶるに思ひなりなむ」と、さかしうのたまひつれど、車よりも落ちぬべうまろびたまへば、さは思ひつかしと、人びともてわづらひきこゆ。 内裏より御使あり。三位の位贈りたまふよし、勅使来て、その宣命読むなむ、悲しきことなりける。女御とだにいはせずなりぬるが、あかずくちをしうおぼさるれば、いま一階の位をだにと、贈らせたまふなりけり。これにつけても憎みたまふ人々多かり。もの思ひ知りたまふは、様、容貌などのめでたかりしこと、心ばせのなだらかにめやすく、憎みがたかりしことなど、今ぞおぼしいづる。さまあしき御もてなしゆゑこそ、すげなう嫉みたまひしか、人がらのあはれに情ありし御心を、上の女房なども恋ひしのびあへり。「なくてぞ」とは、かかるをりにやと見えたり。

<現代語訳>
「(更衣の母は)亡骸を見ながらも、やはりまだいらっしゃるものと思うが、甲斐もないので、灰になるのを見て、今は亡き人と、一途に思いましょう」と、しっかり仰ったけれど、車から転び落ちそうになられるので、そうだと思ったと、人々も難儀する。宮中より使いがある。三位の位をお贈りになる由、勅使が来て、宣命を読むのも、悲しいことであった。(帝は)女御とさえ呼ばせぬままになってしまったのが、心残りで残念に思われるので、一つ上の位だけでもと、お贈りなさったのであった。このことにつけても、お憎みになる人々が多い。世の情理をわきまえた方は、容姿、顔立ちなどのすばらしかったこと、気立てが穏やかでかどが立たず、憎めなかったことなどを、今になって思い出される。(帝の)見苦しいまでのご寵愛ゆえに、そっけなく妬んでいらっしゃったが、(桐壺更衣の)いとしく思いやりのある人柄を、帝づきの女房なども懐かしくお思いになった。「亡くなってしまってから」とは、こういうことであろうかと思われた。

<注釈>
「なくてぞ」…『源氏釈』は以下の和歌をあげる。「あるときはありのすさびに憎かりきなくてぞ人は恋しかりける」(出所不詳)

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

11月26日 源氏物語 桐壺

<原文>
 御子は、かくてもいと御覧ぜまほしけれど、かかるほどにさぶらひたまふ、例なきことなれば、まかでたまひなむとす。何事かあらむとも思したらず、さぶらふ人々の泣きまどひ、上も御涙のひまなく流れおはしますを、あやしと見たてまつりたまへるを、よろしきことにだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、ましてあはれにいふかひなし。
 限りあれば、例の作法にをさめたてまつるを、母北の方、同じ煙にのぼりなむと、泣きこがれたまひて、御送りの女房の車にしたひ乗りたまひて、愛宕といふ所にいといかめしうその作法したるに、おはし着きたる心地、いかばかりかはありけむ。


<現代語訳>
 御子は、喪中でも(帝は)たいへんご覧になりたいけれど、こうした時に宮中にお仕えなさるのは、例のないことなので、退出しようとなさる。何事かお分かりにならず、お仕えなさっている人々がたいそう泣いて、帝も絶え間なく涙を流されるのを、不思議そうに見ていらっしゃる、普通の場合でさえ、このような別れを悲しまぬことはないのに、ましてその悲しさは言うべき言葉もない。
 (亡骸をこのままにしておくにも)限りがあるので、通例の作法にて(棺に)お納め申し上げるが、母北の方は、同じ煙になって空へ上りたいと、泣き焦がれなさって、お送りの女房の車に後からお乗りになり、愛宕というたいそう厳かに葬儀を行っている所に、行き着きなさった時のお気持ちは、どのようなものであったであろうか。

<注釈>
御子…光源氏
例なきこと…延喜七年(九〇七年)以降、七歳以下の子供は親の喪に服すに及ばないこととなったため、この物語の時代は九〇七年以前ということになる
例の作法…火葬
母北の方…桐壺更衣の母

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

10月5日 源氏物語 桐壺

<原文>
 輦車の宣旨などのたまはせても、また入らせたまひて、さらにえ許させたまはず。「限りあらむ道にも、おくれ先立たじと契らせたまひけるを、さりともうち捨てては、え行きやらじ」とのたまはするを、女もいといみじと見たてまつりて、
「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけりいとかく思うたまへましかば」
と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、かくながら、ともかくもならむを御覧じ果てむとおぼしめすに、「今日始むべき祈りども、さるべき人々うけたまはれる、今宵より」と聞こえ急がせば、わりなく思ほしながら、まかでさせたまふ。御胸つとふたがりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせたまふ。御使の行きかふほどもなきに、なほいぶせさを限りなくのたまはせつるを、「夜中うち過ぐるほどになむ、絶えはてたまひぬる」とて泣き騒げば、御使もいとあへなくて帰り参りぬ。きこしめす御心まどひ、何ごともおぼしめし分かれず、籠りおはします。


<現代語訳>
 輦車の宣旨など仰ったものの、また(桐壺更衣の部屋に)お入りなさって、(宮中からの退出を)まったくお許しなさることができない。「死出の旅路にも、遅れ先立つまいと約束なさったのに、いくらなんでも私を残しては、(里へ)行かれまい」と仰るのを、女もたいへん悲しいとお思い申し上げて、
「最後と思って別れる道の悲しさにつけても、生(行)きたいのは(死出の道ではなく)命です、このようになると存じ上げていたならば」
と、息も絶え絶えに、申し上げたいことはありそうだけれど、とても苦しく疲れた様子なので、このまま生死の程を見届けようとお思いなさるが、「今日から始める予定の祈祷の数々、しかるべき僧たちが承っています、今夜から」と申し上げて急かすので、どうにも耐えがたくお思いになりながら、退出させなさる。胸が塞がり、まったく眠れず、夜を明かしかねなさる。お見舞いの勅使が行き来する程の時間も経っていないのに、気がかりなお気持ちを絶え間なく仰ったが、「夜中過ぎに、息をお引きとりなさった」といって泣き騒ぐので、勅使もたいそうがっかりして帰ってきた。お聞きになられた御心は悲嘆に暮れ、何事も分別がつかず、引き籠っていらっしゃる。

<語彙>
のたまはす…天皇、上皇、皇后、中宮などに用いられる最高敬語

<注釈>
輦車…輿に車輪をつけて人が手で引く車
宣旨…中務省を経ずにうちわの手続で出される勅命
女…桐壺の更衣
いかまほしき…「行く」「生く」の掛詞

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

11月1日 蜻蛉日記

<原文>
 かくありし時過ぎて、世の中にいとものはかなく、とにもかくにもつかで、世に経る人ありけり。かたちとても人にも似ず、心魂もあるにもあらで、かうものの要にもあらであるも、ことわりと思ひつつ、ただ臥し起き明かし暮らすままに、世の中におほかる古物語の端などを見れば、世におほかるそらごとだにあり。人にもあらぬ身の上まで書き日記して、めづらしきさまにもありなむ。天下の人の、品高きやと、問はむためしにもせよかし、とおぼゆるも、過ぎにし年月ごろのことも、おぼつかなかりければ、さてもありぬべきことなむおほかりける。

<現代語訳>
 このように様々なことのあった歳月も過ぎて、世の中にたいそう頼りなく、ああにもこうにも落ち着かぬ状態で、この世に暮らす人がいた。容姿といっても人並みでなく、思慮分別があるわけでもなくて、このように役にも立たないのも、道理だと思いつつ、ただ日々を過ごしながら暮らすのにまかせて、世の中にたくさん流布している古物語の片端などを見ると、世の中に多くある作り話さえ書いてある。人並みでもない身の上まで日記に書けば、きっと目新しいものになるであろう。世間の人が、身分の高い人の暮らしはどんな風かしらと、もし問うたときの先例にもしてくださいね、と思われるも、過ぎ去った年月のことも、はっきりしなかったので、そのまま書かずにおくべきことが多く混り込んでしまったことだ。

<語彙>
もの(接頭語)…(形容詞・形容動詞に付いて)何となく
はかなし…はっきりしない、頼りない
ふ(経)…時が過ぎる
心魂…思慮分別、精神、才覚
そらごと…作りごと
めづらし…目新しい、素晴らしい
ためし…例、先例、ならわし

<注釈>
とにもかくにもつかで…夫兼家の来訪が途絶え、筆者は妻であるのかはっきりとしない不安定な状態にある
世に経る人…筆者
問はむ…助動詞「む」は仮定の意
おほかりける…助動詞「けり」は詠嘆の意

蜻蛉日記
日記。三巻。藤原道綱母作。977年成立か。藤原兼家との結婚に始まり,夫との不和,子への愛情など二一年間の生活をつづる。女性の筆になる最初の日記文学〔大辞林〕

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 蜻蛉日記 藤原道綱母 現代語訳