9月23日 古今和歌集 仮名序

<原文>
 やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、言ひいだせるなり。花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の中をもやはらげ、猛きもののふの心をも慰むるは歌なり。
 この歌、天地のひらけ初まりける時より出できにけり。

<古注>
 天の浮橋の下にて、女神男神となりたまへることを言へる歌なり。

<原文>
 しかあれども、世に伝はることは、ひさかたの天にしては、下照姫にはじまり、

<古注>
 下照姫とは、天稚御子の妻なり。兄の神の形、丘、谷に映りてかがやくをよめるえびすうたなるべし。これらは、文字の数も定まらず、歌の様にもあらぬことどもなり。

<原文>
あらがねの地にしては素戔嗚尊よりぞおこりける。ちはやぶる神世には、歌の文字も定まらず、素直にして、言の心わきがたかりけらし。人の世となりて、素戔嗚尊よりぞ、三十文字あまり一文字はよみける。

<古注>
 素戔嗚尊は、天照大神のこのかみなり、女と住みたまはむとて、出雲の国に宮づくりしたまふ時に、その所に八色の雲の立つを見てよみたまへるなり。

 八雲たつ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を


<現代語訳>
(原文)
 和歌は、人の心を種として、様々な言葉となったものである。この世に生きている人は、行うことも多いものなので、心に思うことを、見るもの聞くものに託して、言い出だしたのである。花の間に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもののなかで、いずれか歌を詠まないものがあったであろうか。力をも入れずに天地を動かし、目に見えぬ恐ろしい神をも感動させ、男女の仲をも和らげ、勇猛な武人の心をも慰めるのは和歌である。
 この和歌は、天地開闢の時より生まれた。

(古注)
 天の浮橋の下で、伊弉諾、伊弉冉の二柱がご結婚なさることを詠んだ和歌である。

(原文)
 しかしながら、後世に伝わる和歌は、天上では、下照姫にはじまり、 

(古注)
 下照姫とは、天稚御子の妻である。兄の神の容姿が、丘、谷に映って輝くのを詠んだ夷曲であろう。これらは、文字の数も定まらず、和歌のようではないものたちである。

(原文)
 地上では、素戔嗚尊から起こった。神代には、和歌の文字数も定まらず、純粋でかざらないので、言葉の意味も見きわめるのが難しかったようである。人の代となって、素戔嗚尊より、三十一文字で詠むようになった。

(古注)
 素戔嗚尊は、天照大神の兄である、女性とお住みなさろうと、出雲の国に御殿をお造りなさるときに、その場所に八色の雲が立つのを見てお詠みなさった。

 雲が八重垣のように幾重にも立ちのぼる出雲の地に、妻が住むための八重垣をつくる、その幾重にもめぐらせた八重垣を

<語彙>
ことわざ…行うこと
出でく(来)…現れる、発生する
しかあれども…そうではあるが、しかしながら
ひさかたの…「天」の枕詞
あらがねの…「地」の枕詞
ちはやぶる…「神」の枕詞
素直…純粋でかざらない、素朴である
わ(別、分)く…見きわめがつく、判別がつく
このかみ…年長者、兄、または姉
宮…神の御座す御殿
八重垣…家の周りに幾重にもめぐらした垣根

<注釈>
天の浮橋…天と地の間に架かっていた神話上の橋。伊弉諾と伊弉冉の二柱がこの橋からオノゴロ島に降り立ち、日本の国土を生みなした(古事記上巻、日本書紀神代上)
兄の神…下照姫の兄である味耜高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)
えびすうた…記紀にみられる上代の歌謡「夷曲(ひなぶり)」のこと
素戔嗚尊…伊弉諾と伊弉冉の子、天照大神の弟にあたる
女…素戔嗚尊が八岐大蛇を退治して助けた奇稲田姫

<備考>
仮名序の筆者は撰者の一人である紀貫之
古注は後人の施した注記と見られている

古今和歌集
最初の勅撰和歌集。八代集の第一。20巻。延喜5年(905)の醍醐天皇の命により、紀貫之紀友則凡河内躬恒壬生忠岑が撰し、同13年ころ成立。六歌仙・撰者らの歌約1100首を収め、仮名序・真名序が添えられている。歌風は、雄健でおおらかな万葉集に比べ、優美・繊細で理知的。古今集〔大辞泉〕

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 古今和歌集 仮名序 現代語訳 紀貫之 紀友則 凡河内躬恒 壬生忠岑