9月23日 古今和歌集 仮名序

<原文>
 やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、言ひいだせるなり。花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の中をもやはらげ、猛きもののふの心をも慰むるは歌なり。
 この歌、天地のひらけ初まりける時より出できにけり。

<古注>
 天の浮橋の下にて、女神男神となりたまへることを言へる歌なり。

<原文>
 しかあれども、世に伝はることは、ひさかたの天にしては、下照姫にはじまり、

<古注>
 下照姫とは、天稚御子の妻なり。兄の神の形、丘、谷に映りてかがやくをよめるえびすうたなるべし。これらは、文字の数も定まらず、歌の様にもあらぬことどもなり。

<原文>
あらがねの地にしては素戔嗚尊よりぞおこりける。ちはやぶる神世には、歌の文字も定まらず、素直にして、言の心わきがたかりけらし。人の世となりて、素戔嗚尊よりぞ、三十文字あまり一文字はよみける。

<古注>
 素戔嗚尊は、天照大神のこのかみなり、女と住みたまはむとて、出雲の国に宮づくりしたまふ時に、その所に八色の雲の立つを見てよみたまへるなり。

 八雲たつ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を


<現代語訳>
(原文)
 和歌は、人の心を種として、様々な言葉となったものである。この世に生きている人は、行うことも多いものなので、心に思うことを、見るもの聞くものに託して、言い出だしたのである。花の間に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもののなかで、いずれか歌を詠まないものがあったであろうか。力をも入れずに天地を動かし、目に見えぬ恐ろしい神をも感動させ、男女の仲をも和らげ、勇猛な武人の心をも慰めるのは和歌である。
 この和歌は、天地開闢の時より生まれた。

(古注)
 天の浮橋の下で、伊弉諾、伊弉冉の二柱がご結婚なさることを詠んだ和歌である。

(原文)
 しかしながら、後世に伝わる和歌は、天上では、下照姫にはじまり、 

(古注)
 下照姫とは、天稚御子の妻である。兄の神の容姿が、丘、谷に映って輝くのを詠んだ夷曲であろう。これらは、文字の数も定まらず、和歌のようではないものたちである。

(原文)
 地上では、素戔嗚尊から起こった。神代には、和歌の文字数も定まらず、純粋でかざらないので、言葉の意味も見きわめるのが難しかったようである。人の代となって、素戔嗚尊より、三十一文字で詠むようになった。

(古注)
 素戔嗚尊は、天照大神の兄である、女性とお住みなさろうと、出雲の国に御殿をお造りなさるときに、その場所に八色の雲が立つのを見てお詠みなさった。

 雲が八重垣のように幾重にも立ちのぼる出雲の地に、妻が住むための八重垣をつくる、その幾重にもめぐらせた八重垣を

<語彙>
ことわざ…行うこと
出でく(来)…現れる、発生する
しかあれども…そうではあるが、しかしながら
ひさかたの…「天」の枕詞
あらがねの…「地」の枕詞
ちはやぶる…「神」の枕詞
素直…純粋でかざらない、素朴である
わ(別、分)く…見きわめがつく、判別がつく
このかみ…年長者、兄、または姉
宮…神の御座す御殿
八重垣…家の周りに幾重にもめぐらした垣根

<注釈>
天の浮橋…天と地の間に架かっていた神話上の橋。伊弉諾と伊弉冉の二柱がこの橋からオノゴロ島に降り立ち、日本の国土を生みなした(古事記上巻、日本書紀神代上)
兄の神…下照姫の兄である味耜高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)
えびすうた…記紀にみられる上代の歌謡「夷曲(ひなぶり)」のこと
素戔嗚尊…伊弉諾と伊弉冉の子、天照大神の弟にあたる
女…素戔嗚尊が八岐大蛇を退治して助けた奇稲田姫

<備考>
仮名序の筆者は撰者の一人である紀貫之
古注は後人の施した注記と見られている

古今和歌集
最初の勅撰和歌集。八代集の第一。20巻。延喜5年(905)の醍醐天皇の命により、紀貫之紀友則凡河内躬恒壬生忠岑が撰し、同13年ころ成立。六歌仙・撰者らの歌約1100首を収め、仮名序・真名序が添えられている。歌風は、雄健でおおらかな万葉集に比べ、優美・繊細で理知的。古今集〔大辞泉〕

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 古今和歌集 仮名序 現代語訳 紀貫之 紀友則 凡河内躬恒 壬生忠岑

9月14日 更級日記

<原文>
 あづま路の道の果てよりも、なほ奧つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひはじめけることにか、世の中に物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間宵居などに、姉継母などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、わが思ふままにそらにいかでかおぼえ語らむ、いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、「京にとく上げたまひて、物語の多くさぶらふなる、あるかぎり見せたまへ」と、身を捨てて額をつき祈り申すほどに、十三になる年、のぼらむとて、九月三日門出して、いまたちといふ所にうつる。
 年ごろあそび馴れつる所を、あらはにこほち散らして、たちさわぎて、日の入り際のいとすごく霧りわたりたるに、車に乗るとてうち見やりたれば、人まには參りつつ額をつきし、薬師仏の立ちたまへるを、見捨てたてまつる悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。


<現代語訳>
 東海道の果ての常陸国よりも、いっそう奥の方に生まれ育った人は、どんなにか田舎じみていたであろうに、なにゆえ思い始めたのであろうか、世の中に物語というものがあるというのを、何とか読みたいものだと思いつつ、所在ない昼間や宵などに、姉や継母などの人々が、その物語、あの物語、光源氏の様子などを、ところどころ語るのを聞くと、ますます知りたくなるけれど、私が望むようにどうして諳んじて語ってくれようか、大変じれったいので、等身の薬師仏を造り、手洗いなどをして身を清め、人のいない時にひそかに(薬師仏の安置されている部屋に)入って、「京へ早く上らせ、数多くある物語を、ある限り読ませください」と、身を投げ出して額を床につけてお祈り申し上げていると、十三歳になる年、上京することになり、九月三日に出発し、いまたちというところへ移る。
 長年あそび慣れたところを、外からはっきりと見えるほどにうち崩して、大騒ぎし、日の入り際に大変もの寂しく霧が一面に立ちこめている時に、牛車に乗ろうと思って少し目を向けると、人のいない時に額を床につけて拝んだ、薬師仏が立っていらっしゃるのを、見捨て申し上げるのが悲しく、人知れず泣かずにはいられなかった。

<語彙>
いとど…ますます、いよいよ
ゆかし…見たい、聞きたい、知りたい
心もとなし…じれったい
ひとま…人の居ない間
みそかなり…ひそかに
年ごろ…数年、長年
あらはなり…丸見えである、はっきりと見えている
こほ(毀)つ…(主に建造したものなどを)うち崩す、壊す、破る
立ち騒ぐ…大騒ぎをする、騒ぎ立てる
すごし…恐ろしい、気味が悪い、もの寂しい、ぞっとするほど寂しい
霧り渡る…一面に霧が立ちこめる

<注釈>
あづま路の道の果て…「あづま路」は東海道。その果ては常陸国。「あづま路の道のはてなる常陸帯のかごとばかりもあひ見てしがな」(古今和歌六帖・紀友則)によるという
生ひ出でたる人…筆者
継母…高階成行の娘。生母は都に留まっていた
光源氏…源氏物語の主人公
等身…筆者と同じ身の丈

菅原孝標女(1008~?)
平安中期の女流文学者。父孝標は道真の玄孫。母は藤原倫寧の娘で、道綱母の異母妹。30歳を過ぎて祐子内親王に出仕、橘俊通の妻となった。生涯を回想的に描いた「更級日記」があり、「浜松中納言物語」「夜の寝覚」の作者ともいわれる〔大辞泉〕

更級日記
平安中期の日記。1巻。菅原孝標女作。康平3年(1060)ころの成立。作者13歳の寛仁4年(1020)、父の任国上総から帰京する旅に始まり、51歳で夫の橘俊通と死別するころまでの回想記〔大辞泉〕

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 更級日記 菅原孝標女 現代語訳

9月11日 源氏物語 桐壺

<原文>
 はじめよりおしなべての上宮仕へしたまふべき際にはあらざりき。おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせたまふあまりに、さるべき御遊びのをりをり、何事にもゆゑある事のふしぶしには、まづまうのぼらせたまふ。ある時には大殿籠りすぐして、やがてさぶらはせたまひなど、あながちに御前去らずもてなさせたまひしほどに、おのづから軽きかたにも見えしを、この御子生まれたまひてのちは、いと心ことに思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この御子の居たまふべきなめりと、一の御子の女御はおぼし疑へり。人より先に参りたまひて、やむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、この御方の御いさめをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひきこえさせたまひける。

<現代語訳>
 (桐壺更衣は)もとより(帝の)日常一般の用をおつとめなさる身分ではなかった。世間の評判も並々でなく、高貴な風格もあったが、(帝が)無理にお側に付き添わせなさるあまり、しかるべき管弦の催しの折々、何事にも由緒ある催しの節々には、(桐壺更衣を)まず参上させなさる。ある時には(帝が)寝過ごされて、そのままお仕えさせなさるなど、強引にお側に置いておかれたので、自然と身分も軽く見えたが、この御子がお生まれになってからは、格別に取り計らおうとお決めなさったので、皇太子には、悪くすると、この御子がお立ちになるかもしれないと、第一皇子の母の女御は疑っていらっしゃる。他の者より先に入内なさって、(帝が)大切にお思いになること一通りでなく、御子たちもいらっしゃるので、(帝も)このお方の忠告だけは、やはりいとわしく、気がかりにお思い申し上げなさった。

<語彙>
おしなべて…あまねく、総じて、普通
上宮仕へ…天皇の側で日常の用をつとめること
際…家柄、身分
上衆めく…(めくは接尾語)貴人らしくふるまう、貴人のように見える
わりなし…道理にかなわない、無理だ
まつ(纏)はす…つきまとう、絶えず側に付き添わせる
まうのぼる…参上する
大殿籠る…「寝る」の尊敬語
あながちなり…強引である
思ほしおき(掟)つ…思い掟つ(あらかじめどのように取り計らうかを心に決めるの意)の敬語
坊…皇太子、東宮坊(皇太子の御所)から転じた言い方
ようせずは…よくせずはのウ音便、悪くすると、ひょっとすると
おはす…いらっしゃる
わづらはし…いとわしい、面倒だ、憚られる
こころぐるし…胸がつまる思いである、つらい、気がかりである

<注釈>
上宮仕へしたまふべき際には…女御、更衣は御殿を賜り、天皇のお召しの時だけ参上する
やがてさぶらはせたまひなど…普通、女御、更衣は夜の用がすめば自分の御殿へ下がる
この御子…光源氏
一の御子の女御…弘徽殿女御
人より先に参りたまひて…権勢のある政治家の娘から入内することが多い

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

9月9日 古文単語

マドンナ古文単語230(パワーアップ版)
語源や語義などから丁寧に説明されており、カラー刷りで見栄えも良い。
例文は現代語の文章中に古文単語を混ぜた形で掲載。
別冊の単語カードはそれ程紙質も良くないので、おまけ程度に考えておくと良い。

Z会 速読古文単語 改訂版
センター試験レベルの必修単語をカバーする300語を収録。
語義や例文は詳しくはないが、必要な単語を厳選したシンプルな単語帳。
最重要語と重要語の二章からなる。

読んで見て覚える重要古文単語315
品詞別に並べられており、語義に加え、例文とその現代語訳が詳しい。
学校の教材向け。インパクトがないのでメリハリをつけて覚える工夫が必要か。
巻末に慣用句、和歌の修辞法、古典常識などがまとめられている。

古文単語FORMULA600
かなり分厚い本を予想していたものの、上記3冊よりも薄く持ち運びに便利。
英単語ターゲットを髣髴させるビジュアルで、品詞別に古今異義語や古文特有語を並べる。
センター試験から旧帝大クラスまで平均98%以上のカバー率を誇る。

<総評>
Z会の速読古文単語、或いはカラー刷りに惹かれた方はマドンナ古文単語がお薦め。
最低限の古文単語を覚えたら、読解、文法、古文常識等に時間をかけると良いと思います。

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 古文単語 マドンナ 学研 Z会 東進 桐原

9月6日 原文の出典一覧

古今和歌集新潮日本古典集成
蜻蛉日記新潮日本古典集成
源氏物語新潮日本古典集成(全8巻)
更級日記新潮日本古典集成
シラーの著作…Sigbert Mohn Verlag Friedrich Schiller Gesammelte Werke In Fünf Bänden
ヘルダーリンの著作…Friedrich Hölderlin
リルケの著作…Insel Werkausgabe Rainer Maria Rilke Sämtliche Werke In Zwölf Bänden
ニーチェ『ツァラトゥストラはかく語りき』…Anaconda Verlag GmbH, Also sprach Zarathustra

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 更級日記 古今和歌集 蜻蛉日記 新潮日本古典集成 シラー リルケ ニーチェ