10月5日 源氏物語 桐壺

<原文>
 輦車の宣旨などのたまはせても、また入らせたまひて、さらにえ許させたまはず。「限りあらむ道にも、おくれ先立たじと契らせたまひけるを、さりともうち捨てては、え行きやらじ」とのたまはするを、女もいといみじと見たてまつりて、
「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけりいとかく思うたまへましかば」
と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、かくながら、ともかくもならむを御覧じ果てむとおぼしめすに、「今日始むべき祈りども、さるべき人々うけたまはれる、今宵より」と聞こえ急がせば、わりなく思ほしながら、まかでさせたまふ。御胸つとふたがりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせたまふ。御使の行きかふほどもなきに、なほいぶせさを限りなくのたまはせつるを、「夜中うち過ぐるほどになむ、絶えはてたまひぬる」とて泣き騒げば、御使もいとあへなくて帰り参りぬ。きこしめす御心まどひ、何ごともおぼしめし分かれず、籠りおはします。


<現代語訳>
 輦車の宣旨など仰ったものの、また(桐壺更衣の部屋に)お入りなさって、(宮中からの退出を)まったくお許しなさることができない。「死出の旅路にも、遅れ先立つまいと約束なさったのに、いくらなんでも私を残しては、(里へ)行かれまい」と仰るのを、女もたいへん悲しいとお思い申し上げて、
「最後と思って別れる道の悲しさにつけても、生(行)きたいのは(死出の道ではなく)命です、このようになると存じ上げていたならば」
と、息も絶え絶えに、申し上げたいことはありそうだけれど、とても苦しく疲れた様子なので、このまま生死の程を見届けようとお思いなさるが、「今日から始める予定の祈祷の数々、しかるべき僧たちが承っています、今夜から」と申し上げて急かすので、どうにも耐えがたくお思いになりながら、退出させなさる。胸が塞がり、まったく眠れず、夜を明かしかねなさる。お見舞いの勅使が行き来する程の時間も経っていないのに、気がかりなお気持ちを絶え間なく仰ったが、「夜中過ぎに、息をお引きとりなさった」といって泣き騒ぐので、勅使もたいそうがっかりして帰ってきた。お聞きになられた御心は悲嘆に暮れ、何事も分別がつかず、引き籠っていらっしゃる。

<語彙>
のたまはす…天皇、上皇、皇后、中宮などに用いられる最高敬語

<注釈>
輦車…輿に車輪をつけて人が手で引く車
宣旨…中務省を経ずにうちわの手続で出される勅命
女…桐壺の更衣
いかまほしき…「行く」「生く」の掛詞

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

コメント

源氏物語は散文に多くの歌語を含んでいます。例えば、この場面には「後れ先立つ」と出てきますが、これも分かりにくいですが歌語です。
手元においてる簡単な辞書として、片桐洋一『歌枕歌ことば辞典 増訂版』(二〇〇四年二月)を以下に引用します。

僧正遍昭の「末の露もとの雫や世の中のおくれさきだつためしなるらむ」(和漢朗詠集・下、新古今集・哀傷)によって有名になった歌語。(中略)このように人間、いずれは死ぬものであるという人の世の無常を表す語になっているのである。(以下略)(pp.87-88)

例えば、この語ひとつ取っても紫の上臨終直前の唱和にて光源氏の次の和歌が見られます。

「ややもせば消えを争ふ露の世を後れ先立つ程経ずもがな」

こうしたことを見たときに、わりと語彙に注意する必要がありますね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)