8月31日 源氏物語 桐壺

<原文>
 父の大納言は亡くなりて、母北の方なむ、いにしへの人のよしあるにて、親うち具し、さしあたりて世のおぼえはなやかなる御かたがたにもいたう劣らず、なにごとの儀式をももてなしたまひけれど、とりたてて、はかばかしき後見しなければ、ことある時は、なほより所なく心細げなり。
 さきの世にも、御契りや深かりけむ、世になくきよらなる玉の男御子さへ生まれたまひぬ。いつしかと心もとながらせたまひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなるちごの御容貌なり。一の御子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなき儲けの君と、世にもてかしづききこゆれど、この御にほひには並びたまふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづきたまふこと限りなし。


<現代語訳>
 (桐壺更衣の)父の大納言は亡くなり、母は古い家柄の出身で由緒ある人なので、両親そろって、現に世間の評判の甚だしい妻たちにもひけをとらぬよう、なにごとの行事もお世話なさったが、とりたてて、しっかりした後楯がいないので、あらたまった行事のある時は、やはり頼るところなく心細げである。
 前世からの宿縁が深かったのであろうか、この世に例がないほど美しい男の御子がお生まれになった。(帝は)まだかまだかと待ち遠しくお思いになって、急ぎ参内させてご覧になると、若宮はたぐい稀な容貌である。第一皇子は、右大臣の娘の女御の子で、後楯がしっかりしており、疑いようのない皇太子として、世間では大切に扱い申すけれど、この若宮の美しさには比べようもないので、(帝は、第一皇子を)一通り大切にお思いになるだけで、若宮こそ、思いのままにかわいがりなさる御子として大切になさること限りない。

<語彙>
大納言…太政官(国政を統べる中枢期間)の正三位に相当
北の方…身分の高い人の妻の尊敬語
よし…由緒
うち具す…揃う、備わる(うちは接頭語)
さしあたりて…現に
はなやか…きらびやか、きわだっているさま
儀式…節会、祭事などの行事
はかばかし…てきぱきと進む様、しっかりしている、頼もしい
きよらなり…清らかで美しい、美麗、華美である
玉の…光り輝くほど美しいこと
いつしか…いつの間にか、できるだけ早い時期に
こころもとながる…待ち遠しく思う
右大臣…左大臣に次ぐ太政官の要職
儲けの君…儲君の訓読、皇太子、東宮
かしづく…大切に育てる、大切に世話をする
にほい…美しさ
おほかた…世間一般、普通、おおよそ
私物…個人の専有物として大事にするもの、表向きでなく内々に愛するもの

<注釈>
後見しなければ…「し」は強意の副助詞
急ぎ参らせて御覧ずる…当時の風習でお産は穢れとされ、実家に下がってお産をした
若宮…主人公である光源氏
右大臣の娘の女御…弘徽殿女御

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)