2月23日 源氏物語 桐壺

<原文>
「むなしき御骸を見る見る、なほおはするものと思ふが、いとかひなければ、灰になりたまはむを見たてまつりて、今は亡き人と、ひたぶるに思ひなりなむ」と、さかしうのたまひつれど、車よりも落ちぬべうまろびたまへば、さは思ひつかしと、人びともてわづらひきこゆ。 内裏より御使あり。三位の位贈りたまふよし、勅使来て、その宣命読むなむ、悲しきことなりける。女御とだにいはせずなりぬるが、あかずくちをしうおぼさるれば、いま一階の位をだにと、贈らせたまふなりけり。これにつけても憎みたまふ人々多かり。もの思ひ知りたまふは、様、容貌などのめでたかりしこと、心ばせのなだらかにめやすく、憎みがたかりしことなど、今ぞおぼしいづる。さまあしき御もてなしゆゑこそ、すげなう嫉みたまひしか、人がらのあはれに情ありし御心を、上の女房なども恋ひしのびあへり。「なくてぞ」とは、かかるをりにやと見えたり。

<現代語訳>
「(更衣の母は)亡骸を見ながらも、やはりまだいらっしゃるものと思うが、甲斐もないので、灰になるのを見て、今は亡き人と、一途に思いましょう」と、しっかり仰ったけれど、車から転び落ちそうになられるので、そうだと思ったと、人々も難儀する。宮中より使いがある。三位の位をお贈りになる由、勅使が来て、宣命を読むのも、悲しいことであった。(帝は)女御とさえ呼ばせぬままになってしまったのが、心残りで残念に思われるので、一つ上の位だけでもと、お贈りなさったのであった。このことにつけても、お憎みになる人々が多い。世の情理をわきまえた方は、容姿、顔立ちなどのすばらしかったこと、気立てが穏やかでかどが立たず、憎めなかったことなどを、今になって思い出される。(帝の)見苦しいまでのご寵愛ゆえに、そっけなく妬んでいらっしゃったが、(桐壺更衣の)いとしく思いやりのある人柄を、帝づきの女房なども懐かしくお思いになった。「亡くなってしまってから」とは、こういうことであろうかと思われた。

<注釈>
「なくてぞ」…『源氏釈』は以下の和歌をあげる。「あるときはありのすさびに憎かりきなくてぞ人は恋しかりける」(出所不詳)

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)