スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月5日 源氏物語 桐壺

<原文>
 輦車の宣旨などのたまはせても、また入らせたまひて、さらにえ許させたまはず。「限りあらむ道にも、おくれ先立たじと契らせたまひけるを、さりともうち捨てては、え行きやらじ」とのたまはするを、女もいといみじと見たてまつりて、
「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけりいとかく思うたまへましかば」
と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、かくながら、ともかくもならむを御覧じ果てむとおぼしめすに、「今日始むべき祈りども、さるべき人々うけたまはれる、今宵より」と聞こえ急がせば、わりなく思ほしながら、まかでさせたまふ。御胸つとふたがりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせたまふ。御使の行きかふほどもなきに、なほいぶせさを限りなくのたまはせつるを、「夜中うち過ぐるほどになむ、絶えはてたまひぬる」とて泣き騒げば、御使もいとあへなくて帰り参りぬ。きこしめす御心まどひ、何ごともおぼしめし分かれず、籠りおはします。


<現代語訳>
 輦車の宣旨など仰ったものの、また(桐壺更衣の部屋に)お入りなさって、(宮中からの退出を)まったくお許しなさることができない。「死出の旅路にも、遅れ先立つまいと約束なさったのに、いくらなんでも私を残しては、(里へ)行かれまい」と仰るのを、女もたいへん悲しいとお思い申し上げて、
「最後と思って別れる道の悲しさにつけても、生(行)きたいのは(死出の道ではなく)命です、このようになると存じ上げていたならば」
と、息も絶え絶えに、申し上げたいことはありそうだけれど、とても苦しく疲れた様子なので、このまま生死の程を見届けようとお思いなさるが、「今日から始める予定の祈祷の数々、しかるべき僧たちが承っています、今夜から」と申し上げて急かすので、どうにも耐えがたくお思いになりながら、退出させなさる。胸が塞がり、まったく眠れず、夜を明かしかねなさる。お見舞いの勅使が行き来する程の時間も経っていないのに、気がかりなお気持ちを絶え間なく仰ったが、「夜中過ぎに、息をお引きとりなさった」といって泣き騒ぐので、勅使もたいそうがっかりして帰ってきた。お聞きになられた御心は悲嘆に暮れ、何事も分別がつかず、引き籠っていらっしゃる。

<語彙>
のたまはす…天皇、上皇、皇后、中宮などに用いられる最高敬語

<注釈>
輦車…輿に車輪をつけて人が手で引く車
宣旨…中務省を経ずにうちわの手続で出される勅命
女…桐壺の更衣
いかまほしき…「行く」「生く」の掛詞

テーマ : 古文 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 源氏物語 桐壺 現代語訳

8月14日 SEHNSUCHT(憧れ)

<原文>
Ach, aus dieses Tales Gründen,
Die der kalte Nebel drückt,
Könnt ich doch den Ausgang finden,
Ach wie fühlt ich mich beglückt!
Dort erblick ich schöne Hügel,
Ewig jung und ewig grün!
Hätt ich Schwingen, hätt ich Flügel,
Nach den Hügeln zög ich hin.

Harmonieen hör ich klingen,
Töne süßer Himmelsruh,
Und die leichten Winde bringen
Mir der Düfte Balsam zu,
Goldne Früchte seh ich glühen
Winkend zwischen dunkelm Laub,
Und die Blumen, die dort blühen,
Werden keines Winters Raub.

Ach wie schön muß sichs ergehen
Dort im ewgen Sonnenschein,
Und die Luft auf jenen Höhen
O wie labend muß sie sein!
Doch mir wehrt des Stromes Toben,
Der ergrimmt dazwischen braust.
Seine Wellen sind gehoben,
Daß die Seele mir ergraust.

Einen Nachen seh ich schwanken,
Aber ach! der Fährmann fehlt.
Frisch hinein und ohne Wanken,
Sein Segel sind beseelt.
Du mußt glauben, du mußt wagen,
Denn die Götter keihn kein pfand,
Nur ein Wunder kann dich tragen
In das schöne Wunderland.


<和訳>
ああ、冷たい霧の立ち込める、
この谷の底から、
逃れる道を見つけられたなら、
ああ私はどれだけ幸せだろうか!
あそこに永遠に若く永遠に緑の
美しい丘が見える!
私に翼があれば、
私はあの丘へ飛んで行くのに。

調和した響きが聞こえる、
甘美な天上のやすらぎの音色、
微風が運んでくれる
私に快い香りの慰めを、
暗い木の葉の間で合図する
金色の果実が赤く燃えるのが見える、
そしてそこに咲く花々は、
冬の犠牲になることはない。

ああ、あの永遠に降りそそぐ日光の中を
気ままに歩くことはどれだけすばらしいだろう、
そしてあの丘の上の空気は
おおどれだけさわやかだろう。
しかし轟轟と音を立てて荒れ狂う、
激流が私を妨げる。
その波は高く、
私の魂は怯えている。

一艘の小舟が揺れるのが見える、
ところがああ!渡し守はいない。
ためらうことなく颯爽と乗り込め、
その帆は活気に満ちている。
君は信じよ、敢行せよ、
神々は保証を与えはしない、
ただ奇跡だけが君を運んでくれる
美しい不思議の国へ。

Sigbert Mohn Verlag Friedrich Schiller Gesammelte Werke
In Fünf Bänden Band 3 pp.607-608

テーマ : ドイツ文学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : Schiller Sehnsucht シラー あこがれ

7月9日 

破綻寸前の年金制度、福島第一原発の廃炉費用等々、
日本人はいつまで負の遺産を後世に残し続けるのだろうか。

テーマ : 思うこと - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 日本 社会 経済

5月16日 英語史

現代英語の学習だけでは理解し難い英語の規則
発音綴字語彙、文法等)が英語史の観点から解説されています。

image1 (1)

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 英語 英語史 語彙 発音 綴字 英文法 仮定法 接続法

3月5日 AN DIE FREUDE(歓喜に寄す)

<原文>
Chor
Unser Schuldbuch sei vernichtet!
Ausgesöhnt die ganze Welt!
Brüder-überm Sternenzelt
Richtet Gott wie wir gerichtet.

Freude sprudelt in Pokalen,
In der Traube goldnem Blut
Trinken Sanftmut Kannibalen,
Die Verzweiflung Heldenmut--
Brüder fliegt von euren Sitzen,
Wenn der volle Römer kreist,
Laßt den Schaum zum Himmel sprützen:
Dieses Glas dem guten Geist!

Chor
Den der Sterne Wirbel loben,
Den des Seraphs Hymne preist,
Dieses Glas dem guten Geist,
Überm Sternenzelt dort oben!

Festen Mut in schwerem Leiden,
Hülfe, wo die Unschuld weint,
Ewigkeit geschwornen Eiden,
Wahrheit gegen Freund und Feind,
Männerstolz vor Königsthronen,-
Brüder,gält es Gut und Blut-
Dem Verdienste seine Kronen,
Untergang der Lügenbrut!

Chor
Schließt den heilgen Zirkel dichter,
Schwört bei diesem goldnen Wein,
Dem Gelübde treu zu sein,
Schwört es bei dem Sternenrichter!


<和訳>
合唱
我々の罪を記した帳簿を破棄するように!
全世界よ和解せよ!
兄弟たちよ―星空の上で
神は裁く、我々が裁いたのと同様に。

よろこびは杯の中に溢れる、
葡萄の黄金の血の中で
残忍なものには優しさが宿り、
絶望には勇気が芽生える― ―
なみなみと酌いだ杯が回ってきたら、
兄弟たちよ君たちの席から飛びあがれ、
その泡を天に向かってまき散らせ、
この杯を善き魂に!

合唱
星々の渦の賛美するもの、
熾天使の聖歌が褒め讃えるもの、
この杯を善き魂に、
あの星空の上の存在に!

深い苦悩には確固たる勇気を、
罪なく泣くものには救いを、
堅い誓いには永遠を、
友にも敵にも真実を、
玉座の前には男子の誇りを、―
兄弟たちよ、たとえ財産と血をかけても―
功績には栄誉を、
偽りの徒には没落を!

合唱
神聖な仲間の輪をかたく締めよ、
この黄金の葡萄酒にかけて誓え、
盟約に誠実であることを、
天上の審判者にかけて誓え!

Sigbert Mohn Verlag Friedrich Schiller Gesammelte Werke
In Fünf Bänden Band 3 pp.385-388

テーマ : ドイツ文学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : Schiller An die Freude シラー 歓喜に寄す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。